僕がよく思うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんにちは。

 

Nexus53代表の伊藤です。

 

最近特に多いのですが、僕が思うこと書かせていただこうかと。

 

 

不用品を処分したいとお考えの皆様は、やはり捨ててしまう物なので、できるだけ費用をかけずに安くと

考えていると思います。

 

そこで、おそらく何社か見積りを取られたりして料金等を比べられてはいると思うのですが。

 

さて、そこで疑問に思う事が多々あります。

 

 

まず、見積りと言っても、実際に袋の中身を全部確認したりはしませんし、大きな物等でもサイズも定規を持って測ったりもしません。

見積り担当の経験による目見当でおおよその量と、このトラックのサイズが必要でどのくらいになるかを考えます。

 

そこで、実際にかかる処分料を計算し、人件費、車代、燃料代、雑費等を加算した金額をお客様に伝えます。

 

若干の誤差からや、その会社によって計算する人件費に上下はあるものの、当社は料金の安さには絶対の自信があります。

 

ですが、もっと安いところがあったのでと最近よく聞くようになりました。

 

当社では経費削減に努め、固定社員は使わず、スポットのスタッフを必要最低限準備したり、無駄なサイズの車も使わずに

その量に合ったギリギリのサイズの車を用意する、袋等も大型ホームセンターや業務用の物で一番安い物を使う等最大限の努力をしております。

 

それでも、かけ離れて安い金額提示をしている業者が多々いるようで。

 

 

そこで僕が思うのは、

え?その不用品をどこでどうやって処分しているの?

どうやればそんな金額でできるの?

です。

 

リサイクル家電を回収した際の処分料は、

 

家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)

 

で処分料金が法律で決まっております。

 

リサイクル料金例
エアコン 1,620円
冷蔵庫・冷凍庫 170L以下 3,888円
171L以上 4,968円
テレビ ブラウン管(15型以下) 1,836円
ブラウン管(16型以上) 2,916円
液晶・プラズマ(15型以下) 1,836円
液晶・プラズマ(16型以上) 2,916円
洗濯機・衣類乾燥機 2,592円

 

上記が一例ですが、経済産業省のWebでも確認ができます。

また、そちらのページに

 

消費者の支払う費用
収集・運搬料金(各小売業者が設定)+リサイクル料金

 

とも記載があります。

 

また、ゴミ・不用品を自分で捨てる際、行政が運営する処分場にて処分をします。

 

その時も、10キロ200円(一例)と金額は決まっております。

 

なのに、業者がなぜそんな金額でできるの?

どこに捨てているの?

 

とよく思います。

 

皆様はご存知でしょうか?

 

もし、ゴミを不法投棄した際の法律を。

 

 第四章 雑則

(投棄禁止)
第十六条  何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。
(焼却禁止)
第十六条の二  何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。
一  一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従つて行う廃棄物の焼却
二  他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却
三  公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの

第五章 罰則

 

第二十五条  次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する
1~5は省略
六  第六条の二第六項、第十二条第五項又は第十二条の二第五項の規定に違反して、一般廃棄物又は産業廃棄物の処理を他人に委託した者
以下省略
法律では、不法投棄を行った業者に頼んだ人までが刑事罰の対象となるんです。
しかも、相当重たい罰が設定されています。
それでも先日も、その疑いのある業者が逮捕されニュースになっていました。
現実問題、不法投棄は本当によく行われており、警察の方が捜査しているのもよく見かけます。
それでも、なくならないの現実です。
先日、役所の担当者の方とのお話をさせて頂く機会があり、その中で
同外の某都市では、不法投棄があったらまず業者を疑えと言われている程だそうです。
そりゃ~、処分してあげるよと言いながらその料金をお客様から頂いて、その料金をかけずに処分できたら
儲かりますよね?
安くもできるはず・・・
本当にびっくりするくらい安い金額提示をしている業者さんは、どうやっているのかな?と思います。
皆様も、安ければいい!
で業者選びをしてしまうと大変な事があるかもしれません。
今の時代、ゴミ・不用品を捨てるには、相当のお金がかかります。
何でも簡単に捨てられない時代になっております。
それを、法律や規則に則って適正に行えば、必ず決まった料金は発生します。
何社か見積りをしてもらい、その数社のうちの1社だけが極端に安かったら?
このブログを見て頂き、参考にして頂ければ幸いです。

Tags: , ,

Leave a Reply