Nexus53より豆知識☆まだまだ知らないゴミの出し方

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんにちは。

 

不用品回収トータルサポートのNexus53より、まだまだ一般的に知られていない

ゴミの出し方についての豆知識?です。

 

知ってて損はないはずです!

 

あ。。。

札幌市限定の情報となってはしまいますが。。。

 

札幌市では、地域によって曜日や指定日は違いますが、

 

黄色い有料袋に入れる燃えるゴミの日・燃えないゴミの日

あります。

 

意外と知られていませんが、燃えないゴミの日に、

家電等を捨てられるのをご存知ですか?

※リサイクル法対象家電は不可

 

例えば、電子レンジや炊飯ジャー、古いビデオデッキ、ガスコンロなどなど。

 

そうなんです、結構色々出せるんですね。

 

ただ、注意点があります。

 

ゴミ袋には持ち手部分の他に、袋中央に口を縛る紐がついていますね。

 

その中央部分の紐もしくは、持ち手部分のどちらか一方でも縛れていれば

ゴミの日に回収してもらえるのです。

※袋に入れてどちらも縛れない物は不可

 

行政の回収する大型ゴミと通常ゴミの線引きはそこなのです。

 

ようするに、40ℓの袋に入れて口が縛れない物が大型ゴミ

という判断になります。

 

なので、掃除機なんかも捨てれちゃったりします。

 

 

同じように、燃えるゴミでも同じで、布団や毛布でも

袋に入って口が縛れたらOKなのです。

 

また、プラにも2種類あって、製品プラスチックと環境プラスチック

という分類に分かれています。

 

行政ではこういう説明しかないので、一般的に見ると

なんのこっちゃ???

ではないでしょうか。

 

ようするに、ペットボトルが環境プラで、それ以外の

タッパーウエアーや、プラコップ、洗剤の容器、弁当容器(一部不可)

などは製品プラスチックなのです。

 

この製品プラスチックは、もちろん有料袋で、燃えるゴミの日に

出すことができます。

 

また、雑紙も雑紙の日に出さないとダメだと思っている方が

多数いらっしゃいますが、別に燃えるゴミの日に有料袋で

出すのは問題ありません。

 

ただ、有料袋だと袋代(回収処分代)がかかっているので、雑紙を分けて

透明袋で出せば無料で出せるということだけなのです。

 

ということで、是非この記事をご参考にして頂ければ

幸いで御座います。

 

http://itp.ne.jp/ap/07050695324/lp/1/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です